2014/8/1  金

なんか知らないけど、あの天地無用が新作になって帰ってくるとのこと。

その名も「愛・天地無用」。

がらっと絵柄を変えて、しかも天地は教育実習生になってるんだそうですよ。


新キャラ(女の子)は2人。

正義感が強くて前向きで素直な生徒会長「川流もも」と、無口だけど強気で鬼のような怪力を持つ用心棒「鬼ノ城紅」。

ところで旧シリーズのヒロインズについては言及なしです。っていうか月〜金帯の5分 枠という形態からすると、登場の余地はなさそうですね。





うん。残念だけどこれ、もうこの時点で爆死確定だよ。



なんというか、旧来のファンから「違う」の一言で見放され、新規のひとは「天地無用って昔のアニメでしょ、内容ぜんぜん知らないけど」と寄り付きもしない黄 金パターンにがっちりハマっちゃってるし。まさに誰得。



こういうネームバリューを使った新規作なら、まず魎呼、阿重霞、砂沙美、美星、鷲羽、魎皇鬼あたりの登場はゼッタイ必須な のよ。

そのうえで第一報の最初のページで彼女らの新デザインをズバーンと公表し、旧来の ファンを「絵柄変更は悔しいが、確かにこれならイケる!」と言わせた上で、2ページ目で新キャラ紹介に持っていくの。


そうやって旧来のファンをきっちり黙らせたうえで、改めて新規の人に集中的に訴えて いくのが常識。メンバー乗り換えなんてものは、そうやってファ ンの世代交代を確実なものにしたに打 つべき一手。



はっきり言って、これ以外の成功ルートは無限の平行宇宙のどこを探したって存在しないよ?




そもそもね。
超大風呂敷を広げまくって、何十年もかけて展開するような超大型作品が、あるときパ タッとコケてシリーズ未完のまま終わることになる原因が、どこにあると思う?

それはまさに、製作者が時代に合わせた世代のバトンタッチ、のつもりで世代の断絶を 作ってしまうから、作品の全容を追っているものがいなくなって、終わってしまうの よ。



超大型作品はどうしても、全ての作品を見てもらうことでより深みが増す、という構造から逃げられないと いう運命を背負っているの。それなのに、初期作をリアルタイムで見ていた、膨大な予備知識を備えたファンをきっぱり切り捨てた形で新作の宣伝を打つってこ とが、どれだけヤバいことかわかってるわけ?


そこをあえて切るなら、そもそも超大型作品である必要がないのよ!



ゆえに、天地無用はこの作品を以って終了したとあたしは断じる。









‥‥‥‥。と。



さあ、製作スタッフの皆さん。
これがあたしからの挑戦状だよ。



ド素人のくせにこんなクソ生意気なことを言って恥じない10歳美少女に、目にモノ見せてくれたまえ。

それが出来る自信があるから、こんなムチャをやらかしてるんでしょう?






2014/8/2 土

我輩はぱんつである。名前はまだない。

なんて書き出しが許されるかどうかは知らないが、とりあえず我輩に名 前がないことも、我輩がぱんつであることも、厳然とした事実である。

っていうかこの際、ぱんつとしてのプライドもかなぐり捨てて包み隠さず言ってしまうが、我輩はいわゆるひとつの女児ぱんつだ。

あ、いや待って。通報しないでくれたまえ!

ここで通報されればおそらくきっと、この文を書いている作者はキモいという名の許されざる社会悪として抹殺されるだろうことは想像に難くないし、我輩もそうなっ たほうが結局世の中平和なんじゃないかなーとは思っているが、今はいろいろ状況が悪い。


実は我輩、いまちょっと主に置き去りにされていて‥‥




あ、あ のー。
おねーさ ん、いったいなにを読んでいらっしゃるんでしょうか?

私の勘違 いでなければ、なんだか凄くあやし い雰囲気が漂ってるんですけど。



ん? ああ、これ?
これはすたNICがノリと勢いだけで書きかけにしてる「ぱんつが主人公のお話」の序文。




ちょ。そ れってもしかしなくても18禁想定 物なんじゃ‥‥。



さぁねぇ。でもフォルダには「非エロ」って書いてあったから、書き手の脳内では一般を 想定した作品ってことになってるんじゃない?



大丈夫な んですか、ソレ。ぱんつが主人公、なんて狂った設定持ち出しておいて、それなのに一 般を想定とか、こじれ具合がますます加速しちゃってる感じですけど。

‥‥って いうかおねーさん、それ、まさか、すたNICさんが欲望赴くままに書きなぐってる「絶対に発表できない創作フォルダ」の 中身じゃないんですか?

あんなの に触っちゃダメですよ! なにか得体の知れないものが感染しますよ!?



ンなこと言ってもあたしらそもそもアレの創作物なんだし。
まさにその「得体の知れないもの」から生まれてきたんだから、今更ビビッても手遅れっていうか、全くの無駄だと思う。



そ、それ はそうかも知れないですけど‥‥。
ど す虹色に発光してる混沌のバケツに、わ ざわざ手を突っ込まなくてもいいと思うんですけど‥‥。



まぁそこはそれ。あたしも好奇心旺盛な10歳美少女なんだし。ちょっとくらいは冒険 してもいい頃。
といってもさすがに18禁フォルダのほうまでは覗こうと思わないから安心して。

っていうか、美弥ちゃんならこの程度は平気なはずでしょ?
それどころか、アンチ夏休み特別企画とかで体張っていろいろエロエ‥‥




わーっ!  わーーっ!!

ナシ!  それナシです。
私はそん なこと、し てないんです。いいですねおねーさん。 もし今度そー ゆー冗談を口走ったら、私と一緒にステキ な体験コースに沈んでもらいますよ。(汗だく笑顔)



(‥‥やっぱりコレ、下手に突っ込まないほうがいいのかなぁ‥‥、バレバレなのに)



そ、それ にしても、まったくすたNICさんの異常性癖にも困ったものですねぇ。

ぱんつが 主人公とか、どこをどうねじくったらそういう発想が生まれてくるんでしょう?




あ。それ違う。

すたNICの発想じゃないのよ、美弥ちゃん。



へ?

いや、 だって‥‥。



だってと言っても事実は事実。

実はすたNICがこんな狂った話をヒネリ出しはじめた原因は、とある募集記事を読ん でしまったからだったりする。



募集っ て‥‥そんなもの募集するって‥‥。

ハッ。私はちっとも詳しくなんてないんですが、ウ=ス異本業界には合同誌とか公募誌 とかいうものがあると聞いたことが!



美弥ちゃん、ちょっと発想が不健全なほうに偏りすぎ!

これはれっきとした一般作品公募なのよ。

8月2日のパンツの日にちなんで「ぱんつが主人公のショートストーリー」をワ コールが募集してんの。投稿者の中から、抽選で5名様に1万円相当の商品券をプレゼントしますって。



‥‥は?



いや、だから、下着メーカーのワコールが、パンツの日にちなんで‥‥。



ど こをどうちなんだら「ぱんつが主人公」なんて発想になるんですかー!?



それはワコールの担当者の人に聞いて。



そ、そこ はあっさりパスするんですね。
おねーさ んのことだからてっきり、また勝手に怪しい小理屈こねまわしてミョーな方向に話を捻じ曲げていくのかと思ったんですが。



うん、まぁ、最初はそっちの方向でネタを弄ってたんだけどねー。
でも正直、ぱんつの日にちなんで「パンツが主人公のショートストーリー募集するよ」って企画がインパクトありすぎて、ど うねじくっても出オチ状態だったから潔く諦めた。



うっわ。
ある意 味、最高の褒め言葉‥‥ですよね?



ある意味に限って、だけどね。



‥‥しか し、なるほど、ワコールと聞けばある程度は納得ですね。
メーカー としては下着としての視点を持たなきゃ、ちゃんとした下着はつくれませんし。



いや、どうかなぁ。むしろあたしは大失敗だと思うけど。



あー。私 が納得した瞬間、あっさり手のひら返して反対に回るとか‥‥。おねーさんらしいといえばらしいんですけど、ちょっと節操なさすぎですよ。


いやいやいや。
あたしは最初っから「あーあ、やっちゃった」的な意味でインパクトがあるって言ってるわけで。褒めてるつもりはこれっぽっちもないんだけど。



そ、そう なんですか。



そりゃそうよ。
だって美弥ちゃん、冷静に考えてみて。
ぱんつが主人公って、どういうことだと思う?



え?
それは やっぱり、「擬人化」ネタですよね。冒頭の書き出しじゃないですけど、パンツを擬人化することで普段は気づかないような視点や切り口が現れるので、そこの 感覚のズレを誇張したり、修飾したりして話を転がしていく原動力に‥‥。



うん、まぁ作劇としては当たり前の手法だけど、あたしが懸念してるのは「パンツを主人公にする」という発想が世の中に与える影響のほうよ。それについて は?



たしかに まぁ、ちょっと不謹慎というか下品臭いというか、そういうところはありますけど、でもワコールってそういうイメージだった下着を、もっと健康的で上品なも の、あたりまえのものって位置づけにまで引き上げてきた立役者じゃないですか。心配することないと思いますよ。

おねーさ んは何を懸念しているんです?



だからね。あたしは下着の主人公化、つまり擬人化がヤバいと見てるのよ。

美弥ちゃん、あなた、自分が履いてるぱんつがいきなり喋りだしたらどーする?



どーす る、と言われましても‥‥。驚くくらいしか‥‥。



じゃあ質問を変えるわ。
美弥ちゃんは、喋るパンツを履きたい?
お尻のプリントがピョン吉みたいに喋るところとか、想像してみて?





‥‥‥‥。
それは、 できればちょっと遠慮したいです‥‥。



履かないとは言わないところが美弥ちゃんだねぇ。
でもまあ、これでわかったよね。ぱんつが主人公であるためには、明確に意思を持ち、意見を述べられる人格が 必要になるの。だからぱんつの擬人化って、さっきから何度も言ってるわけだけど。

でもそれはつまり、ぱんつと履き主が別の人格を持った別のキャラだということを意味 する の。
ってことは、履き主は絶対に秘すべき部分の守りを全面的に他 人に委ね、あまつさえその他人常 時触れさせているということになってしまうの。



あぅ‥‥。



この設定は実にマズいわよ。
本来ぱんつとは、エヴァンゲリヲンでいうならA.T.フィールドに相当する、まさにヒトがヒトのカタチを維持するための強 羅絶対防衛線。

なのにその肝心のぱんつに他人という人格が与えられたら、も はやヒトはヒトの形を維 持する ことができないわ。



で、でも そこは文学的レトリックでどうとでも‥‥。



美弥ちゃん、あたしが言ってるのは作品の登場人物についてじゃないの。

現実世界に「ぱんつの擬人化」という禁じられた発想を広めてしまった、今回のワコー ルの募集イベントが、最終的に何をもたらすか、真剣に考えているところなのよ。



は、は ひっ!



ぱんつが人格を持ちうる。今回のイベントはその危険な発想を、人が持つ無限の妄想力に 植えつけてしまった。

その発想に触れ、感染してしまったヒトはもう、二度とぱんつを履くことができなくなるわ。



いや、そ れはさすがに早計なんじゃ‥‥。



まさか。なにもおかしくなんてないわよ。
ぱんつは人格を持ち得るの。いいえ、ヒトの無限の妄想力はパンツに人格を見出せる の。ヒトは、そのことを知ってしまった。禁断の実は、かじられたのよ。

それはつまり、秘すべき部分を覆い隠す手段が、この宇宙から完全に消え去ったことを 意味するわ。
だって、水着もドロワーズも褌も絆創膏も、本質的にはぱんつと同じだもの。結局、隠す手段そのものに人格を見出す無限の妄想力によって、ヒトは隠 すべき部分を隠すことが不可能になるのよ。


それは即ち、守られるべき絶対防衛線の消失、A.T. フィールドの破綻、個の崩壊を意味するわ。
ゆえにぱんつを履けなくなった人類は、LCLの海に溶けるしかないのよ!



‥‥あ、 これ、もういつもの無理スジゴリ押し展開ですね‥‥。



でもその世界では、人格のあるパンツを履くという行為もまた、同じくA.T.フィールドの崩壊、すなわち個の崩壊につながるわ。
他者への依存、他者への融合というカタチでね。



‥‥えっ と、現在イメージCVは赤城リツ子 博士だと思います。



というわけで、証明終わり。

ぱんつを主人公に、なんていう発想を世に広めてしまった結果、誰も予想できないほどあっさりと人類の歴史は終わったわ。



むしろお ねーさんの妄 想力がいろいろ終わってる気が‥‥。



終わってみれば、ヒトの歴史なんて呆気ないもの‥‥。

‥‥! しまった、アイス食べかけだった!



あ、おねー さん、おかえりなさい。



うん。ただいま。(ずずずぞぞ←アイスを飲む音)
‥‥って、なにその挨拶。



いや、 だっていまおねーさん、宇宙よりま だ遠いセカイに行っちゃってたじゃないです か。



いやまぁ、そのー、うん。
‥‥ただいま。



あ、 ちょっと自覚してた。



いいでしょ! たまにはあたしもちょっとくらい妄想炸裂させたって!



た まには? いま、たまにはって言ったんですかおねーさん?



はいそれじゃ、今日はなんだか長〜くなっちゃったのでこの辺でお開きにするよー。



はぁ。
結局、ワケわかんない妄想話になりましたね。

まぁそれ がまさに妄 言なんですけど。



うんうん。わかってるじゃない。

ところで美弥ちゃん。最後にひとつ聞いていい?



な、なに を、ですか?




これ、7月29日に投稿された落書きなんだけどさー。






な、何も おかしなところはないですよ! ですよ!!

ちょっと ウエストラインがヤバそうなのはデフォルメに失敗したすたNICさんが手癖で描いた結果、おなかぽっこり体形になってしまっただけであって、私のおなかは すっきりスリム。ちょっ としか摘めまないレベルをちゃんと維持 してます!




いやそうじゃなくて。

これホントにちゃんと下履いてるのかなー、って思って。
パレオのほうはわかるんだけど、なんかお尻のほうは丸見えっぽくない?



い いえ。錯覚です。
抑圧され た願望によって、認識が捻じ曲げられているだけなのです。



パレオ「いやー、そーは言ぅてもなー。コレほんまのこと言うたら大変なことになるしー」



ちょ!?  おねーさん! 勝手に台詞つけないでください!



ブラ「あー。そういえば、ワシもカップが小さすぎて、お肉はみだしてもぅたんやったな。ねーちゃんごめんなー」



いや、だ から、そーゆーこと言わせないでくださいよ!
変に恥ず かしいじゃないですか〜!



ほーら。やっぱり下着でも水着でも、人格ありだと着れないでしょ?



それはそ うですけど‥‥。
‥‥ だからっていま着てるものを脱いだりはしませんからね?




なーんだぁ。つまんないの。



いや、つ まんないとかそーゆー話ではなくてですね!
ちょっ と、おねーさん! 聞いてるんですか!






2014/8/3  日

神奈川県の丹沢にあるキャンプ場で、その悲劇は起こりました。


「アドベンチャーゾーン」と称された四輪駆動車専用の有料キャンピングスペース。

そこは車で足首ほどの深さの川を渡り、その先にある中州にテントを張れるようにして ある、という場所だったのですが。


ここ最近、ずーーーっと日本列島は雨模様。当然このキャンプ場も激しい雨に見舞われます。


結果、川はあっという間に増水。慌てて中州から脱出すべく、一家はテントの横に停めてあった四駆車に乗り込むのですが、残念ながら増水した川を突っ切るこ とはできず、父親だけが生き残り、母と子二人は亡くなってしまいました。



しかし皮肉なことに、事件後の空撮映像ではテントは無事。
つまり無理をして川を渡らず救助を待っていれば、このような大きな悲劇は防げたものと見られています。



正直、これを指摘するのは生き残った父親を無駄に追い詰めることになりそうで本当にイヤな気分なのですが、他山の石とする ためにも我々はその判断ミスの数々を口を極めて罵らねばなりません。



まず第一に、中州でキャンプというあまりにも恐ろしい発想を糾弾する必要がありま す。

中州というのはそもそも、川の流れが運んできた小石が堆積してできる地形。それゆえ、増水時には確実に沈 みます。っていうか、増水時に水中で形成された小石溜まり。それが中州なのです。



そして第二に、増水した川を車で渡ろうとしたその判断。

断っておきますが、自動車は陸を走ることを想定した乗り物です。水中は走れません。水を撥ねて走れるのは、せいぜい車体の底が水面に触れるかどうか、って ラインまで。大きな四駆車でも40センチが限界。それも条件があって、川底がしっかりしていて、水が流れていなければ、で す。流水となると、早さにもよりますが20センチでもうヤバいです。

いいですか? アウトドア用の四駆車は、タイヤが大きいですよね? それってつまり、横からのエネルギーを受ける面積が大きいって事です。それだけ流 されやすいわけです。
それなのに4駆のタイヤが大きいのはなぜか。答えは単純。車高を稼ぐためです。
つまりアウトドア四駆も、流水を渡ることは最初から諦めていて、そのかわり車高を稼 ぐことで、静かな溜まり水ならある程度深めでも強引に突っ切れる、そういう設計になっているものなのです。それを間違っちゃいけません。




と、キツいことを言い連ねているうちに続報が入ってきました。

このキャンプ場、河川法違反で少なくとも6回以上は警告を受けていながら、中州の違法造成をやめようとせず、その危険な キャンプ場で商売をしていたようです。


こうなると少し話は変わってきます。

違法とはいえ造成してあるなら、一定の安全は確保されていた可能性があります。そう。人工の中州なら、増水しても水没しない可能性があります。っていうか そこがキャンプ場であるなら、安全を確保するために造成してあるはずだ、と期待することも間違いではないはずです。

なにしろキャンプ場が有料で提供している場所ですから。


ただ、実際、増水してもテントは問題なく残っていたわけで。

そうなるとこれはもう脱出の判断をした者の責任と見ることも可能です。一方、そうなる前に避難誘導ができなかったキャンプ場の安全対策が問題、とも言えま す。



しかしここに違法造成の話が絡んでくると、業者のコンプライアンス意識に重大な疑義を 差し挟む以外なくなってしまうわけですね。


いやホント。日ごろの行いは大事です。








しかしまぁ、そこらへんの責任区分については外野がゴチャゴチャ言っても始まりません。

こっちはこっちで可能な限り教訓を汲み取って、失われた命を生かしていくことで供養とするしかありません。



もう一度まとめますよ。



まず、キャンプというのは命がけの体験学習であり遊 びじゃないということ。



そして、川の中州や、一見広々としているように見える砂利溜まりにテントを張るのは、台風時に用水路を見に行くのと同等の水 没フラグだということ。




そして最後に、四駆を過信しちゃだめだということ。

アウトドア系の四駆を買うようなヒトのうち約8割は「必要」で買っているのではなく、「夢」で買っているんじゃないでしょうか。

でも「こういう時のために買ってたんだよ!」って場面で夢に溺れちゃいけません。

現実はたいてい非情なのですから。








2014/8/4 月

なんか、マーニーとかいう映画を公開してからこっち、急速にジブリ解体のうわさが流 れるようになってきてるね。



スタジオジブリ。
まさにアニメスタジオとしては別格の知名度を誇る会社。



あたしもファンだった。
うん。大好きだった。

今はもう素直に過去形で言えちゃうのが悲しいけど。



いや、もちろんラピュタは今でもあたしの心のバイブルだよ。カリオストロの城(ジブ リじゃないけど)も、ナウシカ(これもジブリではない)も。
トトロや魔女宅、紅の豚あたりもまぁ、それほどハズレではないと思う。


けど、もののけ姫あたりからはもう、だいぶ違和感が消せなくなってきて、ハウルではもういいかなって気分になって、そっから後は見てさえいないの。まぁ、 その後のジブリ作品って、宮崎アニメじゃないのも増えたし、ね。




でも、いま振り返ってみるとあたしが何で宮崎作品を見に行かなくなったのか、少し説 明できそうな気がしたので、ちょこっとここに書いてみる。



ぶっちゃけると、後年の作品は爆発してない。

ゲージュツは爆発だ、って太陽の塔を作った岡本太郎さんも言ってたけど、まさにそのう゛ぁくはつが スケールダウンしちゃってるのよ。



うん。トトロあたりまでの作品は、もう点火した瞬間、ドカーンと爆炎をあげて、その瞬間をカメラに収めるだけで作品の全体 像が完成していた感じなんだけど、それ以降の作品はどうもねぇ。同じような爆発を 感じないのよ。それこそ、小さい爆発を継ぎはぎして、フォトショでコラージュして大きな全体像に見せかけてるような印象。


あたしは以前から作品を作るとき「妄想のビッグバンで新たな作品世界が生まれる」み たいな表現を使ってるんだけど、後期の宮崎作品はビッグバンじゃなくて超新星のつなぎ合わせじゃ ないかって気がしてる。



そういう意味では、とっくに枯れていた、ということなんだと思うのね。

実際、魔女宅の頃には宮崎さん、腱鞘炎で握力なくなって、仕方ないからエンピツを握った状態で手を縛り付けてコンテ書いてたっていうくらいだし。

だから、その後の宮崎作品ってものはベースになる宮崎絵や宮崎カットが極端に少ない、あるいは存在すらしていない地 点から出発してるわけで。私らが求めた、全盛期のような「宮崎作品」っていうのは、その頃にはすでに死んでいたん だと思うんだ。



つまり言葉は悪いけど、いまのスタジオジブリは、宮崎駿と言う巨匠をこここまで引きずってきた延命装置に すぎないわけで。



そりゃ宮崎さんが引退表明したら、ジブリも解体するしかない。
少なくとも体制の完全な刷新をして生まれ変わらなきゃ新たな存在意義が見出せない。



ってわけなので、あたしはもう、いつジブリ解散のニュースが流れてもいいってくらいに受け入れる覚悟は完了したよ。

本当に、楽しい作品をありがとうございました。










2014/8/5  火

なんかここ1週間くらい、ずーーーーーっと雨が降ってる気がする。

1週間よ、1週間。

これってもう、ギルガメシュ叙事詩の箱舟エピソードに匹敵するくらいの雨が降ってるってことなのよ!?

いや、まぁ、もちろんずーっと集中豪雨が降ってるわけじゃやないんだから、ホントはアレのレベルじゃないってことくらい解って言ってるんだけど。





ちなみに旧約聖書「創世記」だと、さらに盛り盛りで40日40夜の嵐になるんだけどさ すがにそこまでは行かないよねぇ?




‥‥って、なんだかワケわかんないことを言い出しましたが、別にシューキョーに目覚めたとかではありません。


ただなんというか、すたNICは農家屋さんなわけで、雨が降るとで きる仕事が極端に減ってしまうのですよ。

で、そんな天候が一週間も続くと、わーい今日もお仕事お休みー、って感じではな くなってくるのですね。


そう。働かなきゃいけないのに働けない。この自己矛盾に根ざしたニート的罪悪感って ヤツは意外と厄介なもので、こいつが出てくるともはや素直にゴロゴロしていることも、全てを忘れて楽しく遊ぶことさえも出来なくなってしまうのです。




なので、最近はついにあのすたNICが、俺にもちょっとは仕事をさせろー! って感 じでイライラしちゃってて。

でも、そのあまりにもあり得ない態度に反応して、連日連夜明 日は雨が降るフラグがバシバシ立ってしまうというこの状況。


‥‥っていうか、なんかまた台風まで接近してるんですが‥‥





この悪循環を破るためには‥‥どうしたらいいんでしょう?

とりあえずいつものあたしがやってるように全力で遊び倒してみるしかないのかな?






2014/8/6  水

今日は3DSのダウンロードソフトについて。

正直、あんまり取り上げられることがないジャンルで、ギョーカイ的にもほぼ無視されてるんだけど、今回はいい感じなソフトを 3本ほど手に入れたのでみんなに報せておこうと思ってね。



実は今日、8月6日にダウンロード開始になったソフト群の中に、ちょうどあたし向けな感じの 3本があったんだけど。


そのタイトルがなんと「魔女」「魔王」「魔神」の三魔揃い踏み。

担当者! 絶対わざとやってんでしょ!?



ってなわけでその3本を早速DLしてみた。

正式タイトルはこちら!


■奪還指令! 魔女ダンジョン 〜主のためならやらねばなるまい〜 500円

魔女のダンジョンが冒険者に侵攻された!? ネトゲにいそしむグータラ魔女に代わって、使い魔クレッセを操り、冒険者に”お帰り”願おう!
ただしクレッセは非力だ。正面からやりあっては分が悪い。冒険者の視界を避け、見えない位置からコソコソ戦え!

って感じのアクションパズル。



■魔神少女 −Chronicle 2D ACT− 400円

魔法が世界に欠かせぬ技術となった時代。とある国で魔法の源、シェガーが消失する事件が頻発し始めた。
これを察知したシェガー管理者、魔神「ジズー」は、少女の姿をとり、危機解消のため地上に降り立つ‥‥。

っていう感じの横スクロールジャンプアクションSTG(ぶっちゃけ派手ショットの美少女ロックマン)。



■メゾン・ド・魔王 864円

魔王がアパート経営に乗り出した。
住人の不満を解消しつつ、彼らの力で押し寄せてくる冒険者たちを倒してもらおう。
目指すは世界征服だ。

って感じのタワーディフェンス&アパート経営シミュレーション。





この中だとメゾン・ド・魔王はそこそこ知られてるタイトルかもね。インディーズゲームだともうちょっと安く手に入るんだけど、そこはそれ、他では別売りに なってるサントラを含んでこのお値段なら、まぁ暴利って程でもないと思う。移植にもちょっと手間かかってそうだし。


んで、早速この三本を遊んでみたんだけど。

どれもしっかり良くできたゲームなんだこれが。



なので後日、個別レビューするよ、ってことで今日の分の妄言はおしまい。



正直、この夏から秋にかけてのゲームラッシュ予定にこの3本は組み込んでなかったの で、ラッシュ開幕が前倒しになった感あり。






2014/8/7  木

うん、まーそのー。

閃乱カグラ2真紅を買いました。



って、何で言いよどんでいるのかお察しの方はお察しだと思いますが、このソフト、いろいろ物議を醸しちゃってるわけですよ。原因はまぁお察しのとおり、 VITAのほうで派手にエロエロな欲望を解放しまくったSVという別シリーズを展開したり、その発表パターンが明らかに力配分傾いてたり、いろいろね?



とはいえあたしは自称ゲーマー。

誇りにかけても、個人の好き嫌いで良し悪しの判断までも歪めるつもりはございませ ん。


ってことで、全く触ったことのないSVとかについてはここでは言及せず、真影(1)、紅蓮(バースト)、真紅(今作)の流れでこのソフトについて話をした いと思います。



まずはっきり申し上げますが、これまで1割程度に抑えられてきた悶乱成分が3割くら いまで増加しました。


ただ、その結果、インパクトはむしろ下がっています。


健康的であけっぴろげだからこそ得られていた鮮烈なエロさが、エロく描写しようとして力を入れた結果、エロの枠におさまってかえって破壊力を失ってしまっ たわけです。


いわゆる、どんなボケのプロも、ホンモノが放つ天然ボケの輝きの前には適わない、ってやつですね。ここら辺はホント、創作物が抱える永久のジレンマってや つです。


ウケた要素をパワーアップしようとして、描写はちゃんとパワーアップしているのにかえって手垢がついてしまって印象が弱くなるあのパターン。これは本当に 難しい問題です。



おかげで今回は逆に、未来ちゃんの忍転身とか、エロ描写以外の瞬間のほうが鮮烈な印 象を与えるという二重逆転現象まで起こっています。

3DS的には「水着」という縛りがある中で、エロではないお色気、萌えのほうをクローズアップするためにわざとエロという香辛料を使ったのなら、ある意味天 才ですね。でもまぁ、計算せずに感覚でそれを 作ってしまうのが真の天才だという説もありますが。



なお、ゲーム内容的には前作までの超高速連打アクションの部分を改善し、普通のアクションゲームな感じに寄っています。もっとも、たまに調整不足が顔を出 すのか、開始10分で一度は心折れる、と定型のように言われたりもするようです。
あたしも開始10分で危うく投げ出すレベルでした。

慣れるまでは詠さんが半端なく強いです。勝てません。まぁ、間合いを取って技を先に置いておくというちょっとしたコツを習得すれば勝てるようになるんです が、ハメ的なものを嫌うヒトだとそういう勝ち方が許せないかもしれませんね。


でもこの子らみんなニンジャですから! ニンジャというのはすべからく、汚い手でも 必要なら躊躇なく使うものだと開き直っちゃえばいいのです。
っていうか、こっちをハメ殺してくるようなクソルーチンには、条件反射でハメ返すくらいの反撃はするべきで す。


心配しなくても、そこさえ超えれば後の難易度はさほど高くないですし。





そうそう、以前ちょっと心配していたきりもみ吹っ飛びの不自然さについてですが、思ったより違和感なく仕上がってます。スロー演出になったときに確認した んですが、地面に落ちてきりもみスピンが終了するさいのモーションが思ったよりずっと細かく作られているようで、うまく不自然さを緩和してくれている模 様。


これくらいまで丁寧にやってくれていると、こっちとしてもいろいろ補完しやすいですね。
このきりもみ吹っ飛びは、回転することによって受けるダメージを最小限に抑えるNINJYAの技法である、とか。むしろコレができるからNINJAは、た とえ服が破れても肌には傷ひとつ付かないのだ、とか、そんな感じで。




総じてゲーム部分のパワーアップは地味ながらも底堅さを増した感があり、これはマーヴェラスのアクションゲーノウハウが急 速に厚みを増していることまで感じさせてくれます。
この勢いでどこまでいけるか、注目したいところです。











2014/8/8  金

スクエニが家宅捜索くらった!


原因は、ガンガンの「ハイスコアガール」って漫画での版権仕様許諾に関するいざこざというか、要するに無許諾使用。



時系列的には一年ほど前にこの漫画をアニメ化する企画が立ち上がって、アニメ会社がこの漫画に出てくる版権保持者のSNKプレイモアによろしくって連絡を したら、漫画版の使用許諾すら全く話が通ってなくて、プレイモア側が態度を硬化。
それなのにスクエニ側は交渉の前提となる掲載誌の回収や電子書籍の配布中止なんかを蹴っちゃって、プレイモアをマジ切れさせたような流れと見る以外ない。


まあ、スクエニ側の理論とすれば、すでにアニメ化企画が動いてる中でそんな騒動は避けたい、って思考だったと思えば理解できなくもないんだけど‥‥。
でも実際はそんなトラブリックな交渉中であるにもかかわらず無許諾使用を重ねたり、 とにかく論外すぎる状況。

コミックの版権表記が、すでに潰れた会社名義だったりするのよ?
これってつまり許諾を受けてコピーライト表記をしたんじゃなく、コピーライト表記無断使用した疑惑すらある、っ てこと。



中国級の無法地帯だよコレ!




ちなみに、使用した版権っていうのがキャラ絵を真似て作者が書く、ってやつじゃないの。ゲーム画面のキャプ画が 登場しちゃうの。


それなのに版権使用許諾を取ってなかったとか、これはさすがに前代未聞な感じ。




っていうかね。
プレイモア以外では許諾を取っていたようだ、いや版権表記がおかしい、正式な契約なら今の版権管理会社が抜けるなんてことはあり得ない、なんてやり取りか ら推察すると。


このトラブルが発覚した後になって、スクエニが慌てて事後的に他メーカーへ許諾を取 り付けておいて、「他社では許諾を取っていたんです」的な小学生レベルの言い訳をし ようとした形跡さえ見えてくる感じなわけで。



これはさすがに企業としてありえなさすぎる状況なのです。



ってまぁ、ゲーム業界に詳しいヒトなら、スクはともかく、エニは版権に厳しい会社で、 ガイドラインを踏み越えた内容を掲載してしまったゲーム雑誌とは何度もガチでやりあってることくらい知ってるはず。


それなのになんで、ってことになるのですが、やっぱり出版部門の腐りっぷりが酷い、という話に突入せざるを得ません。

ガンガンお家騒動、とかで調べるといろいろな話が出てくるのですが、それ以外にもとにかくエニックス出版から流れを汲む出版部門はコンプライアンスどー なってんのよと心配になる事件を何度も繰り返し起こしているのです。


ま、それを浄化するのが、スクエニホールディングスの仕事じゃないんか、って話ではありますが、なぜそこにそんな人材ばっ かり集っているのかという点が少し気になりませんか?



何かが起これば、浄化は行われているはずなのです。
それなのに、なお淀む。なお濁る。


明らかにこれ、何かが巣食っている状態です。




その上で、ゲーム系出版を独占する勢いで手を広げ続けるカドカワの存在にまで目を向けると、これは埋伏の毒で はないのか、という空気すら漂ってきます。




え? いくらカドカワでも、さすがにそんなことやってるとは思えない?
確かにそうです。しかし今回、ガンガン編集部がやらかしたあまりにもあり得ない常軌 を逸した事態も、それを伝えるメディアがなぜかガンガン編集部ではなス クエニばっかり連呼している点も、どことなーく不自然なんですよね。


その複数の不自然さがぴったり一致して打ち消されるような配置というのを探すと、こ れ全部、スクエニを揺さぶるための大芝居、業界を牛耳ることを目指す権力者が仕掛けた巨大な陰謀じゃ ないのか、って説明が一番ぴったりしちゃうのがなんともはや、困っ たことだなぁ、と、あたしはそう言っているだけです。





‥‥。

ん。久しぶりにガチガチの陰謀論吐いたので、今日はもう寝ることにしましょう。






ところで、「ハイスコアガール」って聴いた瞬間あたしが思い出したのはゲーム雑誌の「ハイスコア」。


あそこもたしかエニックスとトラブル起こしてたよーな記憶があるんですが、まー、とっくの昔に廃刊になった雑誌で すし、もはやどーでもいいことですね。

おやすみー。






2014/8/9 土

というわけで、先日購入した3DS用のDLソフトについて、遊んでみた感想をば。


今日は「奪還指令! 魔女ダンジョン 〜主のためならやらねばなるまい〜」についてのプレイ評になっております。


まずゲーム内容ですが、使い魔を操作して、ダンジョンを占拠している兵士たちを追い払う、というシンプルなものです。
ただし使い魔のクレッセ君は非力なので、正面切った戦いはほぼ出来ません。
従って、背後から忍び寄って突き飛ばしたり、巡回する通り道に罠をしかけたり、非常に地味な戦いを 展開するハメになっております。



敵にはそれぞれ種類があり、それぞれの兵種にあわせた特徴的な視界を持っているので、対処は慎重に行わねばなりません。

それでも序盤の敵はわりと視界が狭くてどうとでも処理できるのですが、後半になってくると範囲内で魔法(罠とかの設置)を使うと感知されたり、範囲内で動 くと気配を察知されたり、いろいろ面倒な感じになってきます。当然、これらが複合するとどこからつつけばよいものやら、って感じになるわけです。それをう まくやってひとりずつおびき出し、罠にはめて削っていくわけです。



と、ここまで説明したらイライラしてるヒトがいるかもしれません。

そんな地味な戦いのことはどうでもいいから、美少女のほうをはやく話題にしろ、と。



はい。このゲーム「魔女ダンジョン」というだけあって、キャッチーな絵柄の「魔女」が描かれてるんですね。

でも彼女に惹かれているヒトには申し訳ありませんが、彼女はほぼ活躍しません。って いうか、プレイアブルなのは使い魔のクレッセ君オンリーなのであります。



そう。このゲームを語る上で主眼を置くべきは、アクションパズルのゲーム部分のほ う。いわゆる「美少女」部分はあくまで脇役。このソフトの本質はゲーム部分のほうに あるのです。

だいたい7:3くらいの比率で。



いちおう、ステージ間の幕間会話で彼女がムチャ振り的なことを言いつついろいろ説明してくれるようになってますが、彼女の出番は本当にそこだけ。後半にな るとクレッセ君と敵との会話がメインになるので、出て来ない事もしばしばです。


まぁ、そこらへんはもう妄想で補えばよい、と開き直りましょう。


っていうかむしろ、画面に映っていない彼女が今頃本当は何をしているんだろうかと妄想する、それがこのゲームの3割くらい を占めるといっても過言ではないはずです。





なお、このゲームは敵ボス一体を倒すごとに、魔法の珠を手に入れることができ、それによってクレッセ君の「スタイル」を得ることが出来るようになっていま す。

移動系に特化したスタイルとか、火力に特化したスタイルとか、いろいろ。ノーマルスタイルと合わせて5種のスタイルがあり、それぞれを局面に合わせて使う ことで様々な展開に持っていくことができますので、いろいろ試して、より効率のいい攻略パターンを見出すといいでしょう。



なお、「そのシステムだと後半で手に入った能力が使うチャンス少なくてもったいないな」と察したゲーム慣れした方々には、「そのくらいのことは製作者たち も想定してました」ということをお伝えしておきます。





これで500円。

十分なコストパフォーマンスであると断言します。






2014/8/10  日

魔神少女 −Chronicle 2D ACT−


まず最初に言っておきたいのはこのタイトルについて。

タイトルにゲームジャンルを表記するというのは、ゲーム黎明期にはたま に見かけた手法でしたが、最近はすっかり廃れ、いまでは「斬新なジャンル表記」で目を引く手法ほうが優勢になっているのですが、このソフトはあえて「タ イトルに ジャンル表記」という手法を持ってきています。



これはかつて、ゲームが勢いのある若い産業だった頃、多数のタイトルの中で埋もれてしまうことがないように、どうにかしてタイトルだけでゲーム内容を伝え られないかと、知恵を絞った先人たちの編み出した苦肉の策。


それをこの時代に見たことで、あたしはなんだかゲーム業界が忘れてしまった、もがき苦しみながらも這い上がろうとする情熱のようなものを、この人たちはま だ 持っているのではないかと、そんな気分になりました。



‥‥っていうか、実際調べてみるとこの開発会社、同人屋さん出身のようです。
っていうか、エンドロールの中にはその名前で大丈夫なのかってひとが名を連ねてたり す るんですが、これ、あたしの知ってるあの名前のヒトと本当に同一人物だったりするん でしょーか?

(注意 あたしが当人と知り合いという意味ではないです。あくまで名前を知ってるだけ)



まぁ、その辺を追求しすぎるとヤブをつついて何とやらになりかねないので、ここはさくっとゲーム評のほうに移ろうかと思います。



えー。このゲームはいわゆる美少女キャラを動かして美少女キャラと戦っていく、吹っ切れた萌えゲーに なっております。


本来はゲームのスパイスとして使うべき美少女キャラを、遭えて全力でメインに持って きた、香辛料のフルコースですね。

それがキツい、という方は全力で避けるべきだとご忠告申し上げます。




ってことで、ここから先は「むしろそれがいい」と言えるもっさ猛者のひとしかいな い、って想定で語ることになっちゃうんだけどー。


正直、ボイスは全般的になので期待しちゃだめ。

っていうか、棒にもいろいろ種類があるけど、この棒は悪いほうの棒ね。



簡単に言うと甲高くて甘ったるい過度のアニメ声で、属 性を意識しすぎた過剰なキャラ演技をしてしまった結果、演技してるほうはしっかりつけているつもりの抑揚が、常 時メーター振り切り状態で棒にしか聞こえなくなる現象。


そのせいでこのゲーム、声については正直、大幅な減点ポイントと言わざるを得ない。

ただ、今これを読んでる猛者な人たちなら、声優さんの声質だけ脳内取り込みして、テ キストに合わせて脳内で音声合成できちゃう程度のスキルは当然身につけているだろう から、影響はさほどでもないんだけどね。

それでもやっぱり、こっちがフォローしないといけない、っていうのはいただけないから。
まぁ、2ポイントくらいは減点しとく必要があると思う。

とはいえこれでもフルボイスだし、キャラの個性に合わせて複数人使ってるしで、30点くらいは加点しとかなきゃダメだと思うけど。





で、キャラのドット絵だけど、これはそこそこいい感じ。
ドット絵でキャラをしっかり表現して、そのうえで細かい動作まで破綻なく見せてるあたり、なかなかセンスあるドッターだと思う。

あとはもうちょっと大胆な空白を使えるようになれば、四角四面なカタさが取れて、 キャラが生き生きした感じが出てくるはずだから、そのへんは今後に期待、かな?

ってことで1点減点の、38点加点。



ゲーム内容に関しては、ぶっちゃけ「グラディウス」+「ロックマン」。ただしパクリと言い切れない程度にはオリジナル要素が絡んでいて、その結果、グラ ディウスでもロックマンでもないものに仕上がっている点は評価せざるを得ない。

まあ、ゲーム業界では昔からよくあったオマージュとかリ スペクトの範囲だし、大きな減点はナシにしとこう。



ただし、ゲームデザインの部分で、ステージ内パワーアップ(グラディウス的なゲージ式パワーアップ)と、ステージ外パワーアップ(ショットの威力を増やし たり、残機を増やしたりなど)のバランス取りができてないのか、特殊武器(ボスを倒すと手に入るアレ)がほぼ無意味になっ ているってところだけはどうしても見過ごすわけにいかない感じ。



ここはゲームの、ゲームとしての面白さのに当たる部分だからね。
この部分だけは美少女補正ではごまかせない。

ってわけで、18点減点。




そんなわけなので、フィーリングですが概ね60点くらいは遊べる、という事になりま した。

まあ、クリア後にラスボスキャラがプレイアブル(完全に別性能)になったアナザー周回がある、という点も考慮して、400 円でこれなら文句を言ったらバチが当たる程度にはよく出来たソフトになっています。




まぁ、正直言うとイージーとノーマルの難易度差が大きすぎる、という点もちょっとは気にはなったんですが、美少女キャラを見たい、声を聞きたい、そして圧 倒的パワーでいじめたい、という方にはイージーを、ゴリゴリじわじわいじめられたい、という方にはノーマルをお勧めすれば問 題ないと気づいたので、あとは個人の趣味嗜好に合わせてご活用ください。






2014/8/11 月

メゾン・ド・魔王。

これはインディーズゲームでそれなりに知られたソフトだから、ちゃんと面白いって点は保障付き。


あとは合うか合わないか、って話ね。

で、あたしがやってみた限りにおいてはタワーディフェンス的な部分が非常に重要なんだけど、これ、最終的にはアパートの住人が言ってくる苦情を処理した り、住人同士の相性問題で苦労したりっていう、シムなんとか的な部分がメインになっ てくる予感がする。



ので、キャラを自由に動かせないもどかしさも楽しめるヒトじゃないときついかもしれない。

具体的にはダビスタとか、さっきも言ったけどシムなんとかあたり。
もっとも、その手のゲームに比べれば、戦闘時に明確なリアルタイム介入手段がある(ドアノックで戦闘要請とか、キャラクリックで後退要請とか)ぶんマシと いえばマシなんだろうけど。




‥‥あ、あと感情移入しちゃうヒトには、向かないかもしれない。

いやー。ウチのわりかし初期に入居した1号室の魔族のヒトがねー。
入居後に女のヒトと付き合うようになって、結婚して、子供も生まれて‥‥。

そんな幸せの絶頂期に、ちょっと強い冒険者に二人ともあっさりやられちゃってさー。
子供がひとり取り残されちゃって‥‥。



その様子を見てると、なんかすんごい申し訳なくってもうダメなの。プレイが進まな い。

ちなみに魔族は種族特性として、アパートに住んでいるだけで魔王を嫌いになっていく けど、住人が死ぬと魔王を好きになってくれるという、生まれついてのコミュニティー破壊者。


それなのに、ああ、そんな魔族の子供に感情移入してゲームが進められない、ましてやこの寒空に部屋から追い出すなんてことしたくない、なんて。

あたしはどうやら魔王に向いてないみたいです。



まぁ、普段からぜ〜ぎのみかたを自称してる10歳美少女が、どこをどう間違ったって魔王に向いてるはずがないん ですが。











2014/8/12  火

エボラ出血熱が、なんだかじわじわとアンコントローラブルな感じになってきているら しい。

いや、しょーじきこの件に関しては、いくらあたしでも無理やりネタを差し挟むような真似はできません。
本気でシャレになんないから。



なんせ、現在、明確に有効と言える治療薬が存在しない状態。
っていうかWHOがとうとう、臨床試験の終わってない試験薬を投入してでもまず感染拡大を阻止するほうが先だと 判断するくらいの代物です。



おかげで各国も対応に大わらわ。
南京のユース五輪にナイジェリアが不参加を決めたり、サッカーのチームが入国断念して不戦敗になっちゃったり、なんて騒動までも起こっちゃってます。






で、なんで今回こんな事態になったかと言うと、初動の遅れが原因っぽい。

ぶっちゃけこれまでエボラ出血熱は主に東アフリカのスーダンで猛威を振るってきたの ですが、今回はいきなり、アフリカの西の端っこあたりに広がっているわけでして。



WHOが「これエボラだ!」と気がつくまでに3ヶ月くらいかかっちゃってるんだよねー。

なんせ国連機関とはいえ全世界にパーフェクトな情報網を敷いてるわけじゃないから、下部機関、末端機関のヒトが判断を誤ると巨大組織はこうなる、っていう 典型的パターン。



そんなわけでWHOも、ここまで広がっちゃうと完全な収束までは最短でも半年はかかる、って見通しを発表しちゃってるの。





ただ、まぁ、エボラは石鹸やアルコールで消毒できるっていうし、空気感染もほぼないって言われてるしで、先進国でなら感染爆発することは考えにくいタイプ のウイルスだから、ちゃんとした隔離対応が出来る国なら、パンデミックにまでは至らないだろうと言われているの。



ただ問題は、そこまでできない国や地域が、あのへんにはいっぱいあるって事で‥‥。







2014/8/13  水

なんかテレ朝の映像投稿サイトが酷いとの噂。

「みんながカメラマン」ってサイトで、事故や事件、災害現場映像やハプニング映像などなどを募集してるんだけどさ。



規約を見たらありえないことが書いてあったの。


■投稿データはテレビ朝日が無償で自由に利用でき、第三者に利用させることが出来る。

■投稿データはテレビ朝日が編集、改変でき、投稿者は著作人格権を行使しない。

■投稿データの利用に関して第三者からテレビ朝日に異議や請求があった場合、投稿者が解決する。

■投稿データの利用が第三者の権利を侵害したとしてテレビ朝日が損害を被った場合は、投稿者が賠償する。



ひどい、なんてレベルじゃないよねコレ。

素人ですら一読した時点で、クレーター 級の大穴があるってことが見抜けちゃうレベル。



これってさー。
要するに口語訳すると。

■投稿データはテレビ朝日がタダで好きなように利用します。

■改変、改竄、編集捏造もテレビ朝日の思うまま。という契約なので、その結果放送された内容に不満があっても、文句を言う権利はありません。

■放送された内容に文句を言ってくる人があったら、それは完全に投稿者のせいで、テレビ朝日の責任じゃないです。こう書いておけばテレビ朝日が勝手に改竄 した部分に問題があっても、投稿者の責任にできるよね?



まさに外道と呼ぶ以外ない。

いや、規約問題ってけっこうきわどい部分を突いてるのが多くて、気をつけなきゃいけないって言われるけど、これはもう明らかに故 意に人の道を外れてるレベル。



編集権は俺のものだが、編集責任はお前のものだ、って‥‥報道機関としてのモラルっ てモノを一 片たりとも備えていないじゃん!




ってなわけで、速攻で大騒動となり、規約を見直すという名目で投稿サイトは閉鎖状態になっているわけですが。


あたしはこの問題、もっと大きな問題の一端ではないかと見ています。



そう。なんであんな狂った規約が出て来てしまうのか。テレビ朝日はいったい何 を下敷きにしてあ の規約を作ったのか。


そう考えると、テレビ朝日の映像提供者に対する姿勢というものが見えてきます。

要するに、下請け映像会社は表向きの契約内容はともかく、現 実はアレに近い条件で働かされていて、問題が起こるたびに尻尾切りされているのではないか、という疑惑です。



っていうか、そっちはちゃんとしてるんだけど、なんていいわけは通用しません。



なぜなら、映像提供会社に対しては適切な契約を結んでいるのに、投稿ユーザーに対してはいきなりあんなド腐れ外道な 規約をひり出したのだとしたら、テレビ朝日は個人投稿ユーザーを差別的視線で見つめ、無償で働く奴隷だと思っている、という態度の証 明になってしまうからです。



ってわけで、これ完全に詰みですね。


さて。そんなわけで偽らざる本音の部分に光を当てられ、慌てて腐れ規約を引っ込めた テレビ朝日。


この改定規約でどれほどのユーザー利益を提供できるかが鍵でしょう。


もっとも、ユーザーに対して提供できるような金銭も、責任管理代行能力もないからこ そあんな規約を作り出してしまったはずなので、自らミソつけた結果大幅に上がってしまった合格ラインを超えてくるような一手を打つなんてことができるとは 到底思えないんだよね。



ま、せいぜい期待してるよ。

ここで踏ん張れなきゃ、ユーザー投稿モノは全部ネットに流れちゃうって未来しかない んだから。

‥‥まぁ、現時点ですでにそうなんだけどね。




2014/8/14  木

なんか、まんだらけで行われた万引き行為の防犯カメラ映像を公開する、って騒動が起 こっていたみたいだね。



盗まれたのは、鉄人28号のぜんまい歩行おもちゃ。といっても、お値段はプレミア価格25万円。

これにブチ切れた店長が、一週間以内に返却しなければ、防犯カメラ映像でバッチリ映っていた犯人と思われる人物のの顔写真(モザイク入り)を「モザイク外 して公開する」って宣言した、というのが大きな流れ。


うん。まぁ気持ちはわかる。

すたNICもコンビニでてんちょーさんやってた時代があるからね。

棚卸しロスが40万円とか出たときは、さすがに殺意の波動に目覚めかけてたし。




ただ法律的にはこのやり方、脅迫に該当するんじゃなかったっけ?




ってなわけで、あっちからこっちから、「いいぞもっとやれ」から「やめろバカ」までいろんな意見が飛び交う事態となりました。

ただ煽っているだけのヤツ。共感を持って支持するひと。怒りはわかるが自らも違法に墜ちてはいけないと諭す方。犯罪者擁護としか取れない中傷的な反発をす る連中。

その反応は様々でしたが、ゆえにこそ、発言者のスタンスを量ることのできる貴重な データとなったはずですね。





ビッグデータを生かせ、と動き始めたこの世の中。
もしかすると近い将来、こういう時の発言傾向がリスト化されて、犯罪捜査とかに生か されるようになるのかなー、なんて不穏なことを発言して今日の妄言といたします。











2014/8/15  金

うむむむむ。

ゼルダ無双が届かない。

このソフトは確実にすた弟もやりたいはずなので、DL版じゃなくパッケージ版を買ったんだけど、14日発売のソフトが15日になっても到着しないとか、やっ ぱダメだわ。無性にイライラしてしょうがない。





ってわけで、仕方なくDQ10に逃げたみゃ〜ver.4です。



そういえば最近わりと頑張って、ようやくアンルシアちゃんとデートできるようになりました。

王家の迷宮。なかなか面白いです。



タイムアタックダンジョンという形式ですが、これはなかなかいいアイデアですね。

あたしはネトゲにはあんまり詳しくないのでよくあるギミックなのかもしれませんが、この形式はネトゲとすごく相性がいい、ということはわかります。主に製 作側にとって。


はい。ネトゲRPGで一番面白いのはチャットで、その次がシステムを分析して行動を最適化する、その効率化過程だといわれています。


そういうわけなので、戦闘にかかる時間と経験値量についての相関データは、そのゲームの面白さを決定付ける重大なキモと言えるでしょう。チャットのほうに は製作スタッフが関与できないので、実質、製作側が最も気を使う部分が戦闘時間と経 験値の比率です。


ってことはつまり。
どの敵にどんなパーティーが挑めば戦闘に何秒かかるのか、というデータを、運営側は常に全力で収集しているということ。


裏を返せば、どの敵をどれだけ配置すれば、戦闘に何秒かかるか、運営は計算で割り出せるのです。っていうか、それが出来る運営じゃないと、面白いネット RPGは維持できないのです。


はい。あとはもうお分かりですね。

すでに手持ちの戦闘時間データを活用すれば、ギリギリでクリアできるベストバランスなタイムアタックダンジョンを生成するなど造 作もありません。



ってわけであたしは王家の迷宮というシステムに最大級の賛辞を送ります。

あれはまさに、ネトゲ運営のノウハウを最大限に生かしたシステム。DQ10で楽しん でいるヒトにとって、面白くないはずがないのだと。




まぁ、それゆえに、ストーリー進めないと遊べないのは不満ですが。