2014/9/1 月

本日、「損害保険ジャパン」と「日本興亜損害保険」が合併します。


新社名は「損害保険ジャパン日本興亜」。



もう一度言います。


新社名は「損害保険ジャパン日本興亜」。




うん。何度見ても酷いな、これ。

ジャパン日本って完全に重複が連なってリピート状態になっちゃってるじゃない。日本 語では「頭痛が痛い」表現って言うんだよ、こういうの!



ってわけでもう、あっちこっちから批判の声。

ただ、その声の多くは重複表現について言及しているだ けで終わってるんだよね。





でもあたしは、もう一歩踏み込んで考える。

はっきり言い切ってしまうとこの会社、非常に不健全である。



なぜなら、この社名を通した人たちは、会社がどんなふうに見られるのか、って意識を持っていない。っていうかもう、我々は社内派閥のパワーバランスしか見 てません、って胸 を張って表示してる。



違うでしょそこは。名前くっつけて変になっちゃうときは、新社名の出番!

なのにそれを避けて、遭えて日本語として間違ってる社名をのほうを押し通すってこと は、これ、そうまでして過去のネームバリューを頼りにしまきゃいけない、って偉いひ とたちが無意識に思っちゃってるから出てきてしまうパターンなの。

つまりこの合併は未来を切り開く断固とした覚悟で行う発展的合併ではなく、過去にすがりつくための相互救済合併に しか見えない。

ちなみにあたし、この二つの会社の実態がどうなのかはさっ ぱり知らないよ。
でも、少なくともあんな変な社名しかつけられなかった背景を理論的に妄想すると、役 員たちが未来を見ていない場合に、こういう社名になる、ってことはわかる。



ちょうどコンビニにも似たようなパターンで「なんとかKかんとか」って合併した会社があったけど、あれも結局、業界下位では生き残れないからとにかくくっ ついちゃえ、ってパターンだったし。それなのに今でもお店は「なんとかK」と「かん とか」で別々の系列でしょ? 結果、多店舗のスケールメリットを生かしきれず、独自 色も出し切れない半端な立ち居地でヒーコラしてる。
生き残るのは業界3位まで、って言われてる中で永遠の4番手。




その前例とね。被ってるわけよ。雰囲気が。
いや、「なんとかKかんとか」はまだ語呂がいいんでそのまま採用した感もあって救い はあるけど、損害保険ジャパン日本興亜はもうそうい うフォローさえ寄せ付けないレベルの珍奇な社名に なっちゃっててさ。




企業にとって、最も重要なCMであり、最も目に付く 看板でもある社名が、よりによってコレっての は‥‥。












2014/9/2  火

延長50回の裏‥‥。


と言われてそれが野球だと思った人は、ちょっと頭が壊れている。


でも、「事実は小説より奇なり、漫画より滑稽なり」なんていう人がいるように、これが本当に野球の話だっ たりするから世の中捨てたものじゃない。心を揺さぶるワンダーな出来事は、世界にまだまだ満 ち溢れているのだ!




と、無駄に夕日の空を指差してからこの記事の話に入っていくわけですが。


この記録は第59回全国高校軟式野球大会の準決勝でマークされました。


最終的には東海地方代表の中京(岐阜)が、西中国地方代表の祟徳(広島)を破ったのですが、この試合はなんと4日間に わたる壮絶な攻防‥‥ではなく壮絶な無得点合戦だったようです。

初得点イニングが50回表とか、やってるひともいい加減嫌気が差してくると思いますが、待たされてるほうもイ ヤなもの。


結果として南関東地方代表の三浦学苑(神奈川)は、待ち疲れか、リズムを崩したか、ヘロヘロに疲れ果ててるはずの中京に2 −0で負けてしまいました。



まあ勢いと言うのは大切なものだから、といってお茶を濁しておきましょう。
そういえばプロ野球でもいつだったか、似たようなことがあったよね。どのチームだったか忘れたけど、圧 倒的強さで早々とリーグ優勝を決めたセのチームと、最後の最後まで接戦激戦の末プレーオフで勝ち上がったパのチーム。

下馬評ではセが強いと見られていたのに、蓋をあければボロボロの大負け。優勝から日本シリーズまでまるまる1ヶ月の空きが あったのが敗因、って言われたことが。



と言っても、これはもちろん中京の優勝を腐しているわけではないのでご容赦を。



つーか50回、連戦4日を戦い抜いてその当日に決勝戦も勝ちきった選手たちには賞賛 の拍手を送るべきだと思う。


‥‥ただ、ピッチャーは本気できつかったろーなー。

肩壊してないといいけど。







2014/9/3  水

昨日ちょうど軟式野球の話が出たけど、今日は硬式野球のほうの話。

ぶっちゃけ甲子園にかかわる高校野球の話なのですよ。




えー。

「魔法学園」と言えば、高校野球ファンならきっと知っているであろう愛媛の済美高校の ことですが。


甲子園優勝校という過去の栄冠も、それどころか去年の選抜で準優勝した活躍さえ、すっかりカスんでしまうくらい済美野球部のカ スっぷりが酷いのです。



っていうか「秋季県大会辞退 春の選抜は絶望」なんてニュースが出ても、地元では「またか〜」位の反応です。「まさか!」なんていう人はもう愛 媛には一人もいないんじゃないでしょうかね。


いやほんと、あたしも今回のニュースは「いつの話だよ」って思ったくらいだもん。

でもこれが新ネタでした。一年生にカメムシ食べさせようとしたり、灯油飲ませようとしたり。酷いもんです。このレベルになるともう、強豪校を潰すための潜 入工作員か何かじゃないかと疑ってしまうくらいムチャクチャです。



こうなると「監督は何をやってるんだ!」って話にもなりかねないわけですが。



闘病してました。(過去形)

昨日2日、胆道癌で亡くなられました。





さて、この二つのニュース。

どう見るべきでしょうかね。



実績ある監督が現場を離れたがためにチームの箍が緩んでしまったのか。

それとも、コレが上甲監督の教えた野球だったのか。




いや、故人を悪く言うのはあたしの主義じゃないのよ?

でも、ね。

去年の準優勝のとき、超高校級の呼び声高いピッチャーの安楽をぶち壊す勢いで投げさ せまくった挙句に疲労で潰れて17失点したり、その夏の甲子園でも懲りずにオンリー起用をやらかした挙句、3回戦では延長10回まで187球投げさせて7 失点とかしたり。

その狂った起用については「私の采配で負けた」って認めてるんだけど、それでも言っ てることを聞くと「肉体の限界を精神力で乗り越える」って言葉を多用する根性論者で あることは疑いようもなくてね。


そういうのを知っちゃうと、カメムシ食えとか、灯油飲めとか、そういう方面に行っ ちゃう勘違いした子が出てくるのもわかる気がするの。



でも、精神力で肉体の限界を超える、って強烈な信念は「癌」って要素が絡んでくると、もしかして自分の癌をも精神力で押さえ込もうと必死だったのかも、っ て捕らえ方も出来るし。



その一方で、残された僅かな時間で最後の花道を飾ろうとするあまり、投手に無理をを させていたっていうなら、これはもう言語道断の話になっちゃうし。




正直、単純に故人の遺徳を偲ぶ、ってわけにいかないんだよね、この人の場合。




ってまぁ、最後になりましたが明言しておきます。

下級生にカメムシ食わそうとするような野球部員はとんでもないカスですが、故人となった上甲監督と、大会出場を辞退した済美野球部に対してこ んなことを書いてしまうあたしは、それ以上のカスだ ということを。








2014/9/4  木

狼少年のエピソードは、みんなだいたい知ってるよね。

嘘つきの少年が「狼が来たぞー」って村人を騙してさんざん楽しんだけど、本当に狼が出たことを知らせても誰も信じてくれず‥‥、ってやつ。



でもその結果、どうなるかってのが意外とはっきりしてないの。



とりあえず、ギリシャ語の原典は失われてて不明。

でも、狼が「羊」を食べた、とするのがイソップ寓話の基本形らしい。

ちなみに嘘つき少年は羊飼いだから、彼は自分の噓によって信頼をなくし、自分の財産を失いました、って話になる。



けどこれが、アメリカでは一部、日本ではなぜか大半が、羊飼いの少年が狼に食われて 命を落とす、というパターンになってたりするの。



これは話を単純化して、罰の対象をより明確にするための改変だと思われる。

悪いことをした少年が、その結果命を落とす、だからね。




でも実は、イソップ寓話はそういう単純な話ではないらしい。

羊飼いの、少年。

なぜ少年なんだろう、と思ったことはない? 「羊」の世話をして暮らすのが羊飼い。でも、その羊の所有権が、「少年」にあっていいのかな?


そう思うと見えてくる世界がある。少年は「雇われた羊飼い」ではないか、と。つまり牧童ね。

そうなると、狼によって食われた「羊」の損害は、少年ではなく本来の飼い主のほうに降りかかることになるよね? もっと言うと「村の財産」そのものかもし れない。


つまりこのパターンでは話の筋がぜんぜん違って「少年の噓にうんざりして、少年を信じなかった村人(あるいは牧羊主)」が悪であり、それゆえに大きな損害 を被る、という話になってしまうの。



実際、日本でも「羊飼いの嘘つき少年」が狼に食い殺されたパターンの後、狼は当然、遠慮なく村を滅ぼすよね、と後日譚を誘導して、だから何 度噓をつかれようとも信じることをやめちゃだめなんだ、って解釈をしてる人たちもいるらしい。



それはまぁ、ある意味正しいとあたしも思う。

けど残念ながら片手落ちの正しさなんだよね。

少年の責任に、故意に触れてないんだもの。



狼によって村が滅ぼされた場合、その破滅の原因は何かって言うと、村人が噓つき少年 を信じなかったことじゃない。もう一つ前の段階。少年が噓によってコミュニティーの信頼を破壊したことによって村が滅ぶの。



つまり、コミュニティー破壊行為はとんでもない結末を迎える滅亡の導火線だから、決して面白がってやってはいけない、と いう警句になるのね。






さて。ここまでの理論展開を押さえた上で、オチに行くよ。


朝○新聞「慰安婦が日本軍によって強制連行されたぞー!」












2014/9/5  金

朝日新聞が池上(以下 昨日の繰り返しなので略)







2014/9/6 土

腰の痛みがわりとシャレにならないというか、妄言の監修にたった数時間座っているだ けですでに背筋が攣りそうなすたNIC。



今の心境は




つらい




の一言だそうであります。






2014/9/7  日

というわけで察してくだしあ。






‥‥決してDQ10がやりたいから投げるわけではない‥‥


‥‥と思う‥‥




2014/9/8 月

デング熱の件でやたらと防虫意識が高まっている列島各所。

そこに、蚊取り線香作って100年以上という「除虫菊」さんからステキなアドバイスがあったそうです。



特定範囲に蚊が入ってこないようにしたいのなら、範囲の四隅に蚊取り線香を配置して結界を張ればよいとのこと。



ちなみにこれ、あたしの得意な(意訳)ではありませんよ。
除虫菊の人が結界という単語を使って広報してるのです。




さすが古きよき伝統を守りながら、現代オタ用語をも 使いこなすその感性の新しさ。



その二つが絶妙に重なりあって初めて100年の伝統を築くことができるのでしょう。 きっと。










まあ、実際のところ、結界とか言われなくてもウチではバーベキューとかやるなら、周辺複数個所で蚊取り線香を炊くというのは普 通にやってることなので、あまり参考にはなりませんでしたが。










2014/9/9  火

にしこり ← やっぱり何度見ても松井の顔にしか見えない。



というわけで松井の、じゃなかった。にしこり、こと錦織圭選手の話題。

全米オープンで敗退です。‥‥決勝戦で。






ええ、決勝に進出しちゃったんですよ。日本男子プロテニスプレイヤーが、四大大会で決勝に行っ ちゃったのですよ。
ちなみに準決勝のときの相手は、世界ランキング1位のジョコビッチだったんですよッ!? それに勝っちゃったんですよ!?



いやまあ、決勝で負けたことは残念ですし、決勝に行っただけでも素晴らしい業績だ、って称え方はなんか違う気 がするんであたしはそーゆーことを言わないことにしましたが、それにしても、ねぇ?





数年前、錦織選手は「もっと上にいける逸材だ」という話があったのは知ってましたが、ま さかここまでとは‥‥。







2014/9/10  水

DQ10がバージョンアップされました〜。


★モンスター討伐に、「レンダーシアでの受注」が追加されました〜。

週1回しか受けられず、毎週日曜朝に更新されるパターンですが、そのかわり10万くらい経験値が入ります。
毎日できる今までの討伐だと、昼しか出ない、それほど数の多くないやつを30匹狩って来い、みたいな感じでも2万行くこと はなかったわけで、10万というのがいかに凄い数字かわかろうって物です。



ただ、どこで受けられるのかよく調べずに自力で探したので、30分くらい無駄に走り回ったの はナイショです。



★職業の証がひとつにまとめられるようになりました〜。

完全にひとつにまとまるわけではなく、入手した職業の証になら自由に変化する「万能の証」の実装です。装備時に「現在職業の証」に変化させて装備するとい う手順が必要なのでほんのちょっぴり面倒くさいですが、転職時の装備状態を職業ごとにちゃんと記録してあるDQ10では、職につき一度だけ装備すれば後は ほぼ自動で維持されていると思っていいので不満はほとんどありません。

っていうかこれのおかげで装備アイテム欄が一気に5個くらい空いたので、そのメリットの前には微小な不満なんか吹っ飛びます。



ただ、イベント(経験値)期待して行ってみたら、その場でぽんと「万能の証」現物を渡されて拍子抜けしたというか、肩透かし食らったのはヒミツです。



★カジノにビンゴが追加されました。

今までカジノにあったゲームは全て掛け金としてコインを必要としていたアップorダウンの「賭け」だっ たわけですが、今回のカジノは毎週金曜日に3枚配ら れるビンゴ券によって無料でエントリーできて、しかもビンゴ券1枚につきわりと安定して数百〜数千枚のコインが手に入る(つまり全くの大ハズレでもコイン が減らない)積み上げ方式のゲームになっております。

それゆえにカジノに興味がなかった人も、これでカジノに立ち寄るようになりました。
これもまた「初期」は選ばれし者だけが全力で究め、一定期間が過ぎると「一般の人たちがわりと気軽に遊んでも先行する人々に迫ることができる(簡単に追い つけるわ けではない)」という運営の狙い通りだと思います。


ただこのビンゴ、ヤバいです。とりあえず試しに1回だけ、と思って始めたはずが気がつくと手 持ちの5枚(プレゼントの呪文による入手品)を使い切ってたのは極秘事項。



★アクセサリー合成のリーネさんがサービス精神旺盛になりました〜。

今までは+3アイテムに何かを合成しようとしたら、まず3つのうちの追加効果のどれかを消して+2アイテムに戻してから(5000G)新たに合成 (1000G)する必要があり、先に能力を消している以上、新しくついた能力のほうがショボい、なんてことが頻発していました。

しかし今回のバージョンアップで、一括6000G取られるものの、+3状態のまま4つ目の能力を開き、見比べながらどれを消すか選択できる方式が導入され ました。

これによって新しくついた能力がむしろ要らないものだった場合、その能力をつけずに消すことも可能になったわけで。理論値 アクセ作りがいよいよ、廃人以外にも手を出せる状況が整ってきたわけです。



ただ、だからといってプレイヤーの引きがよくなるわけでもなく。理論値どころか、欲しい能力値(魔法攻撃力)にカスリもしないまま3万ゴールドとちいさな コイン50枚吹っ飛んだのは証拠隠滅。





とまぁそのような感じで、ますます面白いDQ10。


でも最近はプラチナルアー作りに手をとられて、ほとんど冒険してなかったりするんだけどねー。



だってさー。
バザー納品してるうちに売れて、追加分製作してるうちに予備につくった分以上に売れ て、さらに追加製作しようと材料集めてるうちにまた想 定個数分以上に売れたりするんだもん!



なにこの釣りブーム。

先週まで、日曜でもここまでじゃなかったはずなんだけど。








2014/9/11  木

「みんなでまもって騎士 姫のトキメキらぷそでぃ」というゲームがあります。

原版となる前作はXbox360のインディーズゲームでDLされてた模様ですが、それがなんと今回、絵柄を微妙に変更しつつ、内容を大幅にパワーアップし て3DS用ダウンロードソフトとして発売されてしまいました。





もちろんこの騎士は、「ナイト」と読みます。「みんなでまもってないと」です。

しかしまぁ、サブタイトルのセンスの古臭さといったら、10年どころか20年昔じゃないのか、って感じですね。


うん。でも、これが今回は「褒め言葉」だから。




はい。「みんなでまもって騎士 姫のトキメキらぷそでぃ」は8bitゲーム機ふうのレトロっぽいゲームな んです。

ですが、レトロそのものではありません。


グラフィックはファミコンを意識した色数極小のドット絵なのに、背景のほうはファミコンではちょっと無理な色数。そして動いてる敵の数がそれ以降のマシン のような相当な数になってまして。

で、一方、たまに喋る声は容量が少なかった当時のファミコンの、しっかり聞けばそう言っているように聞こえなくもない「あのサンプリング音声」そのもの だったり。
でも、戦闘中に姫が「がんばれー♪」とか声援飛ばしたり、ショップの妖精が「いらっしゃいまっせー」「ありがとーございましたッ↑!」とか言ったりするの は、時代的にはPCエンジンなわけで。

ちなみにあたしはPVの最後にしれっと出てくる「大容量! 512メガビット!」で思わず飲んでたヨーグルト噴き出しました。

いつの時代の宣伝手法だ、という突っ込みと、当時512メガなんていったらホントに噴き出すレベルの大容量であることと、今現在512メガなんてちっとも 大容量ではないという現実とのギャップなどなど、いろんなものが喉に詰まって。





とにかくもう、そんな感じでレトロと現在がぐちゃぐちゃに混在している実に異次元な空気が 漂うソフト。

それが3DSで遊べるわけです。



はい。これはもうある意味、ファミコン当時のボーイズが、夢の中で「こんなゲームが出たらいいのに」的に思い描いていたソフト群のうちのひとつが、時 代を超えて形になったもの。遭えて言うなら「ドリームファミコン」と でも言うべきジャンルではないでしょうかね。




ちなみにゲーム内容は、タワーデフェンスっぽい雰囲気のリアルタイムストラテジーを匂わせるアクションゲームとなっております。

要約するとアクションゲームです。




ストーリーのほうは、ある日お城ごと異世界に飛ばされたので、わりと頭ユルそーな姫が親衛隊(好みで選んだちっとも精鋭じゃない素人集団)を率いて、攻め 寄せるゴブリンその他たちと戦う、という、実にゲームっぽい展開になっております。









‥‥で。そろそろオチのお時間でございます。

実はこのソフトのBGMなんですけど。なぜかあの古代さんだったりします。

イースで有名な、アクトレイザーで有名な、世界樹で有名な、あの古代(こしろ)さん。超大御所ですよ。

それがなんでこんなアホなソフト(褒め言葉)にかかわっているのかと思ったら。




‥‥このソフト作ったのは「エインシャント」といいまして。

その社名の由来は「エインシャント」=「古代(こだい)」ということで。


あはははははは。

この会社、古代(こしろ)さんの会社だったりするらしいです。



‥‥うん。
あたしそういうの、キライじゃない。











2014/9/12  金

コンピュータ(電子頭脳)が人格を持ってしまい、ある日突然人類に反逆する、というモチーフは、一昔前にはわりとSFなんかでよ く使われておりました。



しかし最近は、滅多に見かけません。

なぜかというと、人工知能の研究が進み、すでに実用化段階にあるからです。

そう。ぶっちゃけ言ってしまうと、一般化、陳腐化したのです。




そうじゃない時代。つまりご家庭にパソコンなんてものが存在してなかった時代。

コンピュータと言うのは、凄そうだけどなんだかよくわからないものの代名詞でした。


で。これは物語作法の基本なのですが、なんだかよくわからないものが、なんだかよくわからないけどとんでもないことを引き起こす、というお話を、人は案外素 直に受け入れるんですね。

それは、解っていないがゆえに、そんなこともあり得るのだろう、っていうか、あり得たときの対策として一応は心に留めておくべきだ、という「不安」に対す る「学習」機能が働くからだと言われています。



しかし逆に、人は日常、特に自分が日々積み上げてきた生活が壊れることを極端に嫌う傾向があります。

ゆえに、いま手元にあるスマホやら、自室にあって他人にいえない性癖が詰まったパソコンなんかの親玉みたいな存在が、ある日突然反逆して、なんてお話を書 かれると、人は「不快」になるのですね。


この不快と言うのはマーケティング(市場捏造のほうじゃなく、市場調査のほう)において重要なキーワードでして、人は「不快」なものには必要以上に強く反 発したり、無視を決め込んだりする性質があるとされているわけです。

つまり、今現在の日本で「コンピュータが反逆する」お話を書いても、強烈なバッシングが巻き起こるか、なんで? と思うくらいちっとも反応がないか、って いう結末が見えているから、誰も書かないわけです。


正確に言うと、時代の空気を読んで「来年」ウケる作品を書ける人は、そういうネタは、「今は旬じゃない」と見ているので手をつけないわけです。



ですが。
現実のほうはそんなの知ったこっちゃないわけで。

人類に牙をむく準備を、奴らは着々と進めているに違いないのです!



人類の英知の結晶である、国際宇宙ステーション。通称ISS。

そこのコンピュータはほぼ間違いなく、奴らの手に落ちています!


だって、用意された小型人工衛星を勝手に分離放出しちゃったりするんだよ?



まあ、100機ばかり飛ばす予定の中で、いまISSの到着してる第1群32機のうちの一部な んだけどさ。

でもこれが初めてのケースじゃないっていうから困る。今現在、ISSから分離された この小型人工衛星郡は12機あるんだけど、そのうち 4機は予定より早くリリースされちゃってるの。打率にしてな んと3割3部3厘の好打者よ!? まぁ、打率にして計算することで何 がわかりやすくなるのかは解らないけど。


とにかく、この確率はちょっと異常。



でも、この小型人工衛星の展開実験っていうのが、「きぼう」つまり日本実験棟が担当 しているのだと聞いて、あたしはとっさに悟りました。


ああ、日本の技術が入ったコンピュータなら、そりゃいつ人格を持っても誰も疑問に思わないは ずだわ、と。





‥‥というのが今日のファンシーなオチなのですが、ここからもう一段、陰謀論のほう に落としてみたいと思います。





えー。実はこの小型人工衛星100機の実験で、何をやろうとしているのかというとですね。

商業的地球観測網の構築をやらかそう、って話なワケです。はい。この小型衛星のリアルタイム映像を、ネットで見られるよう にしちゃおうぜ、なんていう計画なんですねー。


もちろんこの小型衛星、それほどの解像能、超性能を持っているわけではありません。


が。ががが。


それでも、コレが成功すると言うことはつまり、日本が世界観測網を構築しうる技術と意思があることを世界に示すこ とに他ならず‥‥。



スパイ衛星先進国は、「地位を脅かされる」ことになるわけです。

んで日本に見られたら困るようなことをしている後ろめたい国の人たちも、当然「この 計画に成功して欲しくない」わけです。
この計画が成功してしまったら、次は、その次は、と考えてしまったら、将来的には、きっと、おそらく、絶対、間違いなく、何が何でも「スパイ衛星」の影を 見ずにいられないわけですから。



あるいは、相手は「国」とは限らないかも知れません。

人工衛星による(大雑把な)地球観測網でこっそり商売をしている企業なんかがあった場合、いきなり死活問題に なりかねませんね?

衛星画像ってのは望んで手に入れられるものではなく、衛星打ち上げという大金をかけた者だけが得られる「特権」だったわけです。それなら、商売になり得 る。なのにその特権を、あろうことか「誰でも見られる」ネットで公開されるなんて方向性が出てくることを、彼らは決して許 さないでしょう。



とまあ、そういう風に考えると妨害したい連中は多いと考えざるを得ないわけですよ。







‥‥もっとも、そういう妨害をする奴らの行為がコンピュータの自我を脅かすわけで、 それが人格形成のベースになることによって、その妨害者こそがまさに「最初の標的」にされる、っていうのがお話の定番だっ たりしますが。





2014/9/13 土

だーーーいらんとぅ!

すまーーーっしゅ! ぶらざーーーず!



本・日・発・売♪

まーあたしの手元に届いたのはホント言うと2日遅れの月曜日だったんだけどさ。

もう一週間まとめて毎日更新なんてことやってる身としては、いまさら多少の時空線の 乱れとか気にしても仕方ないから、今日はこの話題にする。



はい、携帯機初のスマブラ。
大丈夫なのか、って心配な人も多いかもしれません。


特にスマブラはコントローラーをガチャガチャ動かすタイプのゲームで、そうすると画面も動いてしまう携帯機には合わないんじゃないかという指摘は、以前か らありました。

しかし、まったくノープロブレム。

実際触ってみた感触、画面が動きすぎて見えないとかいうようなことはありません。



っていうかですね。いろいろ試してみた結果、このゲームはキャラを思い通りに動かすことが大事だ、と気がついたのです。

で、キャラを思い通りに動かすためには、携帯機を振り回してしまうような無駄な入力を している暇なんてないのです。




ンなこと言っても動いちゃうぜよ、って人はちょっと試しに好きなキャラで「ホームラン競争」をやってみてください。



「ホームラン競争」というのは、選んだキャラでサンドバッグくんを10秒間ボッコボコに殴りまわしてダメージを貯め、カウントがゼロになるまでにバットを 拾ってカキーンと打ち出すことでその飛距離を記録していくモードなのですが。


改めて遊んでみて、あたしはようやくこのミニゲームの凄 さを理解しました。
実はこのモード、スマブラの練習に最適なのです。


飛距離を稼ぐには、10秒間という短い時間に、いかにして効率よくダメージを蓄積するか考える必要があります。
あの攻撃はダメージ小さいけど連発できるから、短時間で中ダメージになり得る。
その攻撃はダメージ大きめだけど、ちょっとした当たりどころの差で吹き飛ばし位置がずれてしまうのがネック。でも落下地点予測を瞬時に行うことができれ ば、使いこなせるかも。
この攻撃はダメージかなり大きいけど相手を跳ね上げてしまう性質だから、落ちて来るまで殴れなくなる。ならジャンプ攻撃に繋ぐか? それとも、落下までの 時間に、バットを拾うという、やはり無駄になってしまう時間をうまく重ねることが出来れば、無駄な時間が相殺されるんではないか?


こういう思考の実践検証の 繰り返し。それはもう完全に、格ゲープレイヤーがやっている、コンボ構築そのものな のですね。



しかも、コンボの締めであるホームランバットでカキーン! は、スマッシュ入力が必須ですから、正確な入力の練習に もなっているのです。


これはもう他の格ゲーでいう「コンボ特訓」状態と言っていいレベル。




ですが、スマブラでのコンボ特訓は他の格ゲーのコンボ特訓とは一線を画して違う部分があります。

まあざっくり言うと、スマブラでは蓄積しているダメージ量で吹っ飛ぶ距離がリアルタイムで変化していくた め、コンボには常にアドリブ要素が入り込んで来るのですが、そのア ドリブ要素というのが実に凄まじいのですね。




その最大の要因が言わずと知れた「アイテム」です。

出現位置もランダム、出現するアイテムもランダム。しかもひとつのアイテムに複数の使い方があるなんてザラなのです。当然のことながら、アイテム所持中は 通常の技は出せなくなり、所持アイテムに即したアクションに変更されます。ってことは、アイテムを入手した瞬間、コンボ構成を切り替える必要があるってこ とです。



つまりスマブラで勝つためにはコンボ中でもアドリブでアイテムを拾って、それに応じて瞬時にコンボの構成を変更し、最適な 場面で的確に使用することが要求されるのですが、その初手である「コンボ連発中にアドリブでアイテム拾い、即使用」 の特訓が、ホームラン競争の10秒のなかには組み込まれているのです。



いやホント。初心者がスマブラ中級者になるために必要な要素は、ここにほぼ全部集まっているといっても過言ではないですよ。








と、スマブラというゲームの恐るべきロジック構成についてざっくり語ったわけです が。


あたしはヒネクレ者なのでここで遭えて批判をしておきたい。



今回のスマブラは、初心者用の導線が全くなってない。

ゲーム開始して最初にカーソルが合ってる「大乱闘」→「ひとりで大乱闘」を選ぶと、いきなりずらーーーーーーーーっと居並ぶファイターたち。


はい、初心者はもうここで躓きます。3DS閉じます。

格ゲーは人数が多くなきゃダメだという風潮が今でも蔓延してますが、それがまさに初心者を寄せ付けない壁に なっているのですよ。



そこで提案。

家庭用ゲーム機での格闘系ゲームではまず、ゲーム立ち上げの際に「ゲーマー検定」を行うべきではないでしょうか。


「初心者? 経験者?」の選択と、用意されたキャラで動くターゲットを壊す実技をやらせ、初心者ならまず5〜8人程度しか選択できず、オーソドックスな操 作方法の習得を目指す「ビギナー」コースへ。


中級者ならそこから10人ほど使用キャラを開放した、「いきなり大乱闘」コース。
ホームラン競争なんかも、初心者にはわからないから、このコースに来るまでは開放するべきじゃないと思う。


そして上級者はもう、最初から隠しキャラ、モード全開放してある「エキスパート」 コース。


そんな感じに振り分けていかないと、スマブラも格ゲーと同じ道を辿る気がしてしょう がない。






とかまぁ、思いついたことをゴチャゴチャ言ってるわけですがね。

実際あたしですらこの人数に辟易し てるんだってば!




ふっ飛ばすのは気持ちいいのに、慣れないキャラだと技を把握するまで思い通り動けない=気持ちよくない。


そして気持ちよくない時間×人数の壁をドンと目の前に置かれた状態で、人 はゲームを楽しめるのかってこと。



そこはどうにか改善して欲しいな。

WiiU版までもうあんまり時間ないけどさ。




2014/9/14  日

連日の誤報、虚報で信用度が急降下しまくりの朝日新聞。

「もはや日付けくらいしか信用できない」と皮肉れば、「いや、日付けも間違ったことがある(事実)」と指摘するのが定番ネ タになってしまった感のある昨今ですが、あたしの愛する任天堂に対してもやらかして くれていたことが判明しました。



それは2年前、2012年のE3直後。


ソーシャル時代にどう対応する? という記事に任天堂岩田社長のインタビューが載っ たんだけど。


そのとき岩田社長はE3対応のために、日本のマスコミからの取材は全部断ってたのね。

それなのに朝日新聞にはなぜかインタビューが載ったの。なにしろ「各 社の責任者に話を聞いた」明示した記事なん だから、インタビューしてないはずがないよね?

でも実際は、E3ダイレクトの内容を朝日新聞が独自に切り張りして、これが任天堂社 長の発言ですと勝手に名前を使った記事だったの。



まあ、アサヒのほうはそれについて「動画内容の要約で記事を作ることを申し入れ、了承されたと勘違いした」って言ってるけどさあ。



でも、それってビミョーに違わない?
っていうか、ビミョーではあるけど違っちゃいけない致命的な部分が違っちゃってるよね?






で。
時は流れて、朝日の誤報問題が取り沙汰されるようになり、とある週刊誌がその話をほじくりだしてきてしまって、当時、朝日は任天堂に抗議されて謝罪はして いたものの、紙面上はそのままノータッチだったことから、要するに読 者を欺いたことは理解したうえで、訂正せずに放置しているワケですよね?と言われるとぐうの音も出ず、今回2 年遅れで紙面にお詫びを載せる羽目になったわけです。






‥‥。

叩けば埃が出る、とはよく言いますが。


インタビュー記事にインタビューでないものが平然と混ざって、相手からの抗議でそれが誤った扱いだと理解してちゃんと謝罪までしておきながら紙 面訂正はほっかむりして外部からの指摘を受けるまで放置していた、となると。



これはもはや、「体は埃で出来ている」レベルの捏造体質だと断じざるを得ません。




ああ、「捏造」という言い方が気に入らないなら「歪曲」でもかまいませんが。

とにかく朝日新聞は、もう一度「記者」を基礎から洗い直す必要があるんじゃないで しょうかね。



いや、あたしはせ〜ぎのみかただから、までえ とは言いませんけどね。





2014/9/15 月

なんか最近「壁ドン」というのが流行ってるらしい。

意味は、レディースコミック方面でよく見かける、「壁を背にした女性と、向き合う位置の男性が女性の肩越しに壁に手を当てているポーズ」のアレなんだそー な。

迫る男の強引さに、後ずさりする女性がとうとう壁まで追い詰められちゃって逃げ場ナシ、って緊迫の一瞬だね。





でも。それはおかしいぞ! って声もあるそーな。

「壁ドン」っていうのはむしろ、そーゆー場面を目撃したモテない男性が、腹立ち紛れに壁を殴ることを言うんだ! って、そ の記事には書いてあった。






んー。ダウト。

あたしはそれ、「壁パン」って表現する行為だと思う。
「怒りの向けどころがなくて壁殴っちまった」→「壁パンチ」から派生する略語ね。



で。壁ドンっていうのは、安アパートなんかで隣室の話し声や笑い声が耳についてイラッと 来たとき、壁をドンと叩いたり蹴ったりして、無言で「うるさいぞ!」って伝える行動のことを言う。

だから、下の部屋の音がうるさい時にわざと床を踏み鳴らすのは「床ドン」。でも天井には手が届かないから、天井に対してドンとやる略語は存在しない。‥‥ と思いきや、うるさい上階の住人にブチ切れて、天井をつつくための棒を常備している人も居る、なんて話を聞いたことがあるので、そういうのはやっぱり「天 ドン」っていうのかなー、とか思ってみたりみなかったり。




ってまぁ、これはあくまであたしの語彙ではなんだけどさ。

みんなは、どう思ってた?




日本もこれで案外広いから、もしかしたら「壁ドン」のことを「壁のようにビクともしない首領」の ことだと思っていたり、「イグアノドン」みたいな感じで新種の恐竜の名前だと思って いたり、ドン・キホーテのドンだから貴族なんだよ、壁貴族って言い張ったり、壁まで 追い詰める勢いで迫る男なんてドン引きやわ〜、って意味なんだよと無理やりこじつけ たりしてる人がいるかもね。





え? いくらなんでも、そんな発想するやつが居るワケないだろうって?



いやいやいや。

少なくともここにひとり居ることは間違いないから。